コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピンの寄進 ピピンのきしんPippinsche Schenkung; donation de Pépin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピンの寄進
ピピンのきしん
Pippinsche Schenkung; donation de Pépin

フランク王ピピン (小ピピン) が教皇に対して行なった土地寄進で,教皇領の起源をつくった。フランク王国カロリング朝の創始者ピピンは,メロビング朝の宮宰時代にカトリック教会と妥協するため教会領没収をめぐる紛争解決に努力し,それを通じて家臣団を支配することに成功した。この実績を背景に教皇ザカリアスの承認を得てソアソン会議でフランク王となり,のち教皇ステファヌス2世から聖油を受けた。ランゴバルドリウトプランドは東ローマ (ビザンチン) 帝国領のラベンナ周辺の領地を奪い,さらに次王のアイストゥルフはラベンナ総督府を征服 (751) ,ローマに対しても攻撃を開始した。そのため,教皇ステファヌスはピピンに援助を要請し,ピピンはランゴバルドに遠征して,ランゴバルドを破り,ラベンナをビザンチンに返還せず,教皇領として寄進し,ローマ教会との協力関係を一層固めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のピピンの寄進の言及

【教皇領】より

…しかしこれらの領土は全イタリアの支配を目指すランゴバルド族によって絶えず脅かされていたし,ラベンナ総督領も751年には彼らに占領された。この年教皇はピピン3世のクーデタを正当化してフランク王権に接近し,ピピンはパトリキウス・ロマノルムの称号を,ローマはいわゆる〈ピピンの寄進〉をえて領土を保全する。教皇領の確実な基礎はこのとき築かれた(756)。…

【ピピン[3世]】より

…その中で最も著しいのは,教会教区を再編成し,それらを地方行政に組み込む作業であり,これは,カロリング朝の基本政策となった。彼は2度にわたり,ランゴバルド遠征を行い(754,756),その結果手に入れたラベンナとペンタポールを教皇ステファヌス2世に献じた(〈ピピンの寄進〉)。これが教皇領の起源である。…

※「ピピンの寄進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピピンの寄進の関連キーワードステファヌス2世(3世)バチカン市国ピピン(小)ペテロ世襲領

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android