ピペルノ(英語表記)piperno

岩石学辞典の解説

ピペルノ

イタリアのナポリ地域に分布する火山砕屑岩の一種で,火山灰質の基地にガラス質のレンズが平衡に多数含まれている凝灰角礫岩様の岩石[片山ほか : 1970].ユータキシティックな粗面岩質岩石で,明色と暗色のパッチや条線が炎の流れに似たような形状のものである.これは真の熔岩角礫岩という考え方があり,一方に泥熔岩の流れという考え方がある.ピペルノを凝灰岩の一種と考えてはいけない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android