コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピペルノ piperno

岩石学辞典の解説

ピペルノ

イタリアのナポリ地域に分布する火山砕屑岩の一種で,火山灰質の基地にガラス質のレンズが平衡に多数含まれている凝灰角礫岩様の岩石[片山ほか : 1970].ユータキシティックな粗面岩質岩石で,明色と暗色のパッチや条線が炎の流れに似たような形状のものである.これは真の熔岩角礫岩という考え方があり,一方に泥熔岩の流れという考え方がある.ピペルノを凝灰岩の一種と考えてはいけない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ピペルノの関連キーワードピペルノイド凝灰岩ピペルノイド組織ブレキシオール凝灰岩熔岩ペペリノ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android