コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピャルヌ Pärnu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピャルヌ
Pärnu

エストニア西部の港湾都市。首都タリンの南約 120km,バルト海リガ湾北部のパルヌ湾に面する。水産加工,木材,アマ (亜麻) 紡績,織布,皮革,発動機などの工場がある。海岸はエストニア第1の海水浴場,保養地。 1251年サーレマ島の司教の手で建設され,ドイツ騎士団,スウェーデン,ポーランドなど領有者が次々に交代したが,1710年ロシア領,1918年独立したエストニアの一部となり,40~91年ソ連領。人口5万 4200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピャルヌの関連キーワードアンドルス ヴェールパルトゥルンタルトゥ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android