コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリダジン pyridazine

世界大百科事典 第2版の解説

ピリダジン【pyridazine】

1,2‐ジアジンの別名。窒素2原子をもつ6員環芳香族複素環化合物の一つ。窒素2原子がオルト位の位置にあるのでオルトジアジンとも呼ばれた。ピリジンに似た臭気をもつ無色の液体。融点-8℃,沸点208℃。水,エチルアルコール,エーテルによく溶ける。誘導体のサルファメトキシピリダジンはサルファ剤として用いられる。【竹内 敬人】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピリダジンの関連キーワードピラジン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android