ピリダジン(英語表記)pyridazine

世界大百科事典 第2版の解説

ピリダジン【pyridazine】

1,2‐ジアジンの別名。窒素2原子をもつ6員環芳香族複素環化合物の一つ。窒素2原子がオルト位の位置にあるのでオルトジアジンとも呼ばれた。ピリジンに似た臭気をもつ無色液体。融点-8℃,沸点208℃。水,エチルアルコール,エーテルによく溶ける。誘導体のサルファメトキシピリダジンはサルファ剤として用いられる。【竹内 敬人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

ピリダジン
ピリダジン
pyridazine

1,2-diazine.C4H4N2(80.09).マレインアルデヒド(2-ブテンジアール)OHCCH=CHCHOとヒドラジンH2NNH2とを縮合させると得られる.ピリジンに似た臭いをもつ無色の液体.融点-8 ℃,沸点208 ℃.1.107.1.523.λmax 338 nm.水,エタノール,エーテル,ベンゼンに易溶,石油エーテルに不溶.ピクリン酸塩は黄色の針状晶.分解点170~175 ℃.[CAS 289-80-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android