コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリ

百科事典マイペディアの解説

ピリ

朝鮮半島のオーボエ属の管楽器。日本の篳篥(ひちりき)や中国の管子と同系。中央アジア起源の楽器とされる。親指孔1,その他の指孔7。ヒャンピリ(ヒャンアク用),セピリ(小規模編成のヒャンアク用で,やや小型で音が小さい),タンピリ(唐楽用。黒い竹管はセピリより太いが,長さは同じ)の3種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のピリの言及

【管子】より

…広東音楽や粤劇(えつげき)伴奏に用いる喉管は,管子から派生し作られた楽器。朝鮮の雅楽,唐楽等で用いるピリ,日本の雅楽の篳篥(ひちりき)は管子と同系統の楽器。【増山 賢治】。…

※「ピリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピリの関連情報