ピーク29(読み)ピークにじゅうく(英語表記)Peak 29

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピーク29
ピークにじゅうく
Peak 29

ヒマラヤ山脈,ネパールヒマラヤの中部にある高峰。標高 7871m。マナスル(8163m)とヒマルチュリ(7893m)の間に位置し,3山でマナスル山群を形成する。ピーク29の山名はインド測量局の測量番号であり,Ngadi Chuliとも呼ばれる。1961年大阪大学登山隊が西面に入域してムシ・コーラを登り,西尾根上 4900mのコルを越え,北方にツラギ氷河を発見した。1970年10月,大阪大学登山隊は水野祥太郎を隊長として東面のプンギエン氷河から初登頂に成功したが,登頂隊員とシェルパの 2人が下山中に墜死したため,望遠写真によって登頂が確認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピーク29の関連情報