コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーター・パン症候群 ピーター・パンしょうこうぐんPeter Pan syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピーター・パン症候群
ピーター・パンしょうこうぐん
Peter Pan syndrome

成熟することを拒否し,いつまでも子供のままでいたいと願う現代男性の心理学的指向。精神疾患としての概念で,アメリカ合衆国の心理学者ダン・カイリーが,J.M.バリーの戯曲『ピーター・パン』 Peter Panの主人公にちなんで名づけた。 1983年著書『ピーター・パン・シンドローム:なぜ,彼らは大人になれないのか』 The Peter Pan syndrome: men who have never grown upの中で,中流から上流階級に属し,長男で独身,高学歴だが経済的に自立せず,外見は好人物,職場を転々とするといった典型例を示した。感情を適切に表すことができない,親友をもてない,怠惰である,迷信的発想をいだく,セックスに対するコンプレックスがある,現実逃避の傾向が強いなど,精神的・社会的・性的に未熟で,モラトリアム人間 moratorium personality (→モラトリアム ) に近いとされる。 (→症候群 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピーター・パン症候群の関連キーワードピーターパンシンドローム現代病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android