ファイドン(英語表記)Phaidon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ファイドン」の解説

ファイドン
Phaidon

プラトン中期対話篇アテネ牢獄で死に直面して過したソクラテスの日々をファイドンがエケクラテスに語るという形式をとっているが,一般に霊魂の不死の証明が主題であると考えられている。しかしプラトンの本来の目的はフィロソフィアとは死の訓練であり,墓たる肉体の超克であるとする立場から,常に永遠の実在 (→イデア ) に思いをはせつつ,死,生についての思索を深めてゆくことのすすめにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android