対話篇(読み)たいわへん(英語表記)dialogoi; dialogues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対話篇
たいわへん
dialogoi; dialogues

対話形式を用いた哲学的著述。対話篇の白眉ともいうべきプラトンの著作は,自己の哲学を背景とした厳密な論理的展開のうちに,師ソクラテスの実存をいきいきと再現している。ソクラテス的対話篇はクセノフォンアイスキネス (断片が残存) ,アンチステネス,ファイドンによっても書かれた。プラトンの弟子もまた対話篇を書いた。ローマ時代ではキケロがプラトンにならって対話によって論を深め,プルタルコスはエッセー風に,ルキアノスはソクラテス的対話篇の影響を受けつつも風刺をもっぱらとする対話篇を書いた。近世でも N.マールブランシュ,D.ディドロなどに多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対話篇の関連情報