コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対話篇 たいわへんdialogoi; dialogues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対話篇
たいわへん
dialogoi; dialogues

対話形式を用いた哲学的著述。対話篇の白眉ともいうべきプラトンの著作は,自己の哲学を背景とした厳密な論理的展開のうちに,師ソクラテスの実存をいきいきと再現している。ソクラテス的対話篇はクセノフォンアイスキネス (断片が残存) ,アンチステネス,ファイドンによっても書かれた。プラトンの弟子もまた対話篇を書いた。ローマ時代ではキケロがプラトンにならって対話によって論を深め,プルタルコスはエッセー風に,ルキアノスはソクラテス的対話篇の影響を受けつつも風刺をもっぱらとする対話篇を書いた。近世でも N.マールブランシュ,D.ディドロなどに多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいわへん【対話篇】

金城一紀の中編小説集。平成15年(2003)刊。「恋愛小説」「永遠の円環」「花」の3作を収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

対話篇の関連キーワードエウクレイデス(古代ギリシア哲学者)ポッジョ・ブラッチョリーニ国家(プラトンの対話篇)ソクラテスのダイモニオンアイスキネス(哲学者)俳優についての逆説スキピオのサークルソクラテスの弁明ダランベールの夢アトランティスジャウエットディオティマ老年についてプロディコスプロタゴラスアトランチスファイドロスレスプブリカ友情について吉村 鉄太郎

対話篇の関連情報