コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイバーバンドル fibre bundle

世界大百科事典 第2版の解説

ファイバーバンドル【fibre bundle】

位相空間E,B,Fに対して,連続写像pEBがあって,次の条件が成り立つとき,Eは,FをファイバーとするB上のファイバーバンドルであるといい,pEBをその射影という。Bのどの点bについても,bの適当な近傍Uをとれば,UFの直積U×FpによるUの逆像p-1(U)との間に,U×Fの各点(x,y)をp-1(x)の上にうつすような同相写像が存在する。この条件はpEBは局所的には(すなわち,Bの各点のある近傍上では)直積であることを意味している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファイバーバンドルの関連キーワードS.S. チャーンファイバー空間微分トポロジーゲージ理論ファイバートポロジー同相写像射影

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android