ファイバーブレッド(英語表記)fiber bread

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイバーブレッド
ふぁいばーぶれっど
fiber bread

穀物の外皮を粉に混入してつくられたパン。先進国には腸癌(がん)が多く、栄養疫学的にダイエタリーファイバー(食物繊維)を摂取するのがよいとされ、近年世界的に注目されている。一般にふすまのファイバーはミネラルとビタミンの吸収を悪くするので、パンにどれだけ混入するのがよいかが問題である。ノルウェーとアメリカの共同研究では、ミネラル、ビタミンの消化吸収とファイバーの腸管調整との関連、さらにはパンの食味を損なわない限界を考えて、同質コムギの白粉と全粒粉を半々に混合した粉でつくるのを標準案としている。[阿久津正蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android