コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸癌 チョウガン

4件 の用語解説(腸癌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐がん〔チヤウ‐〕【腸×癌】

腸にできる癌。主に直腸結腸に発生する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

腸癌【ちょうがん】

大腸や小腸に発生する癌。直腸癌が最も多く,小腸癌はごくまれ。結腸癌は,消化不良,下痢,便秘,腹痛,出血などが認められ,腫瘤(しゅりゅう)が触知される。X線検査や潜血反応で診断。
→関連項目転移(医学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうがん【腸癌】

腸粘膜に生じる悪性腫瘍。直腸・結腸に多く発生する。便通異常・出血などの症状がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腸癌
ちょうがん

腸に発生する癌の総称であり小腸癌と大腸癌に大別される。小腸癌はまれで大部分は大腸癌であるため、腸癌ということばは大腸癌の代名詞として用いられることも多い。日本では、大腸癌は食生活の欧米化とともに、急速に増加し患者数がもっとも多い癌の一つになった。大腸癌は初期には無症状であるが、進行すると血便、便秘、腸閉塞などの症状を示す。小腸癌は十二指腸癌、空腸癌および回腸癌に分けられる。十二指腸癌の多くは総胆管が開口する十二指腸乳頭部付近に発生し、出血や黄疸(おうだん)を示す。空腸癌や回腸癌は潰瘍(かいよう)からの出血や腫瘍(しゅよう)による狭窄(きょうさく)症状を訴える。治療はおもに手術的治療が行われる。[安富正幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腸癌の関連キーワード肛門癌腺癌大腸癌腸腺直腸直腸癌宿便腸管転移性肝癌絨毛癌

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腸癌の関連情報