コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイユーム文化 ファイユームぶんかFayyūm culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイユーム文化
ファイユームぶんか
Fayyūm culture

エジプト最古の新石器文化で,ファイユームA文化ともいう。カイロの南西 80kmにあるカールーン湖の北西斜面で,1924~28年に C.トムソンにより発見された。サイロと炉が発見されているだけで,住居や墓は不明である。小麦,大麦,亜麻を栽培し,豚,羊,やぎ,牛を飼育していた。石器には磨製,打製の斧,鏃,スクレーパー,槍などがあり,球形の棍棒頭,骨製の銛や槍,土器としては赤色の粗製土器が多く使われた。 (→ファイユーム遺跡 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファイユーム文化の関連キーワードクアルン文化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android