コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファインマン‐ロス法 Fineman-Ross method

法則の辞典の解説

ファインマン‐ロス法【Fineman-Ross method】

高分子化学において,モノマーの反応性比を算出する方法の一つ.2種類のモノマーM1,M2 からの共重合体の生成を考え,定常状態を仮定すると

この式はメイヨー‐ルイス式*と呼ばれる.r1r2 はそれぞれのモノマーの反応性比である. [M1]/ [M2]=Fd [M1]/d [M2]=f を代入すると

となるので,F2/f と (F/f)(f-1) を計算で求めて直角座標にプロットし,勾配と切片から r1r2 を求めることになる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ファインマン‐ロス法の関連キーワードM2

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android