コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファコリス phacolith

世界大百科事典 第2版の解説

ファコリス【phacolith】

褶曲した地層の向斜部や背斜部にまわりの構造にそって貫入したレンズ状の調和的貫入岩体。地殻のなかに構造的な力が作用しているときに貫入した岩体である。岩石が褶曲するときに,その頂部に圧力の減少したところができ,そこへマグマが貫入してきて,調和的な岩体ができると考えられる。ファコリスは造山帯の貫入岩体であり,ファコリスをつくる岩石には,斑レイ岩や花コウ岩などが多い。ハーカーA.Harkerが命名(1909)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ファコリスの関連キーワード火成岩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android