コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファッラーチ ファッラーチFallaci, Oriana

1件 の用語解説(ファッラーチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファッラーチ
ファッラーチ
Fallaci, Oriana

[生]1929.6.29. フィレンツェ
[没]2006.9.15. フィレンツェ
イタリアの女性ジャーナリスト,小説家。反権力の姿勢を強固に示し,行動力に満ちた個性的な取材活動は国の内外で高い評価を得た。作品は,ルポルタージュに『ハリウッド七つの大罪』I Sette peccati di Hollywood (1959) ,『無用の性』 Il sesso inutile (1961) ,『もしも太陽が死んだなら』 Se il sole muore (1965) ,『愛と死の戦場』 Niente e cosísia (1969) ,インタビュー『歴史との会見』 Intervista con la storia (1974) ,小説に『戦場のペネロペPenelope alla guerra (1962) ,『生まれなかった子への手紙』 Lettera a un bambino mai nato (1975) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファッラーチの関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone