コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファヤンスの法則(放射性沈澱) Fajans' rule

法則の辞典の解説

ファヤンスの法則【Fajans' rule】

微量の放射性元素陽イオンの沈澱生成について,1913年にファヤンス(K. Fajans) の提案した経験法則.「放射性元素(陽イオン)は,沈澱剤としての対陰イオンとの間につくる化合物溶解度が小さいほど,共沈される量が大となる」というもの.ほとんど期を同じくしてパネットが同じ内容のことを提案したので,ファヤンス‐パネットの法則*と呼ばれることも多い.この法則には例外も多いが,のちにハーン(O. Hahn)が詳しく再検討して,共沈機構を分類した.ハーンの分類*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ファヤンスの法則(放射性沈澱)の関連キーワードファヤンスの法則(核種の壊変)ファヤンス‐パネットの法則ファヤンスの沈澱の法則変位法則(地球科学)パネットの吸着の法則放射性核種の変位法則ソディの変位法則ハーンの分類