コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファヤンスの法則(放射性沈澱) Fajans' rule

1件 の用語解説(ファヤンスの法則(放射性沈澱)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ファヤンスの法則【Fajans' rule】

微量の放射性元素陽イオンの沈澱生成について,1913年にファヤンス(K. Fajans) の提案した経験法則.「放射性元素(陽イオン)は,沈澱剤としての対陰イオンとの間につくる化合物の溶解度が小さいほど,共沈される量が大となる」というもの.ほとんど期を同じくしてパネットが同じ内容のことを提案したので,ファヤンス‐パネットの法則*呼ばれることも多い.この法則には例外も多いが,のちにハーン(O. Hahn)が詳しく再検討して,共沈機構を分類した.ハーンの分類*も参照.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone