コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファヤンスの法則(放射性沈澱) Fajans' rule

1件 の用語解説(ファヤンスの法則(放射性沈澱)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ファヤンスの法則【Fajans' rule】

微量の放射性元素陽イオンの沈澱生成について,1913年にファヤンス(K. Fajans) の提案した経験法則.「放射性元素(陽イオン)は,沈澱剤としての対陰イオンとの間につくる化合物の溶解度が小さいほど,共沈される量が大となる」というもの.ほとんど期を同じくしてパネットが同じ内容のことを提案したので,ファヤンス‐パネットの法則*呼ばれることも多い.この法則には例外も多いが,のちにハーン(O. Hahn)が詳しく再検討して,共沈機構を分類した.ハーンの分類*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファヤンスの法則(放射性沈澱)の関連キーワードイオン結合放射化学放射化分析陽イオン人工放射性元素放射性元素多色暈天然放射性元素放射性医薬品放射化学分析

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone