コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・フォレンホーフェン Cornelis van Vollenhoven

1件 の用語解説(ファン・フォレンホーフェンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・フォレンホーフェン【Cornelis van Vollenhoven】

1874‐1933
オランダの法学者でインドネシア慣習法研究の創始者。ドルドレヒトに生まれ,ライデン大学に学び,1898年に〈国際法の概観と内容〉という学位論文で法学博士号を得た。1901年にライデン大学教授に迎えられ,インドネシア慣習法と国際法の研究・教育に専念した。アダット呼ばれるインドネシア各地の法現象はそれまでにも研究者の注目を浴びていたが,これを学問にまで高めたのは彼の業績である。18年に大著《オランダ領東インドの慣習法》の第1巻が完成し,それまでオランダ植民地政庁が推進して来た法体系の一本化・西欧化の傾向の再検討を促した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファン・フォレンホーフェンの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ東インド会社オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone