コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・モーク Hubertus Johannes van Mook

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・モーク【Hubertus Johannes van Mook】

1894‐1965
オランダ領東インド(現,インドネシア)の行政官。ジャワ中部のスマラン市に生まれ,1918年オランダ領東インド政庁に入り,36年経済局長官となる。第2次日・蘭印会商(1940‐41)では交渉の実質的な最高責任者となり,連合国側の立場から日本の高圧的な要求を退けた。41年副総督に就任。日本によるオランダ領東インド占領後,ロンドンの亡命オランダ政府の植民地相に就く。44年ブリズベーンに成立した亡命オランダ領東インド政庁の副総督となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファン・モークの関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門ロシア映画ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)日清戦争アニオン電着塗装シャブロル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android