コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィザルム Physarum

世界大百科事典 第2版の解説

フィザルム【Physarum】

変形菌門真正変形菌亜綱フィザルム目に含まれる1属の菌類の総称。代表種はモジホコリカビP.polycephalum Schweinitzである。柄のある黄~灰色の胞子囊(高さ1.5~2mm)を,膜質の変形膜上に形成する。胞子囊は普通は,2~10個が不規則に合着した集塊状の頭部を形成している。外皮はもろく,細毛体は網状,胞子は紫褐色で,集まると黒色を示す。変形体は著しい原形質流動を示し,黄色。オートミールなどをえさとして比較的簡便に培養できるため,変形体を用い,原形質学,核学,形態形成や分化の生化学,遺伝学の研究材料として古くからよく用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フィザルムの関連キーワードフリゴ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android