フィパ族(読み)フィパぞく(英語表記)Fipa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィパ族
フィパぞく
Fipa

タンザニアの西部,タンガニーカ湖ルクワ湖にはさまれた地域に住むバンツー語系の民族。雑穀類,とうもろこし,豆類を栽培する農耕民で,恒常的な村に住んでいる。伝統的には南北2つのかなり中央集権化の進んだ王国に分れていたが,ともにトゥワと呼ばれる共通の王家に支配されていた。しかし,このトゥワの王たちは,中央部の山を中心とするごく小地域を支配する首長ミランシの宗教的至上権を認め,首長の存在は王たちの支配に正当性を与えるとともに,フィパ族にとって永続性の象徴でもあった。相続や地位の継承は母系に従うが,村はむしろ父系親族が集中する。出自集団はなく,ウルコと呼ばれる拡大家族が唯一の親族集団である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android