コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリッピの戦 フィリッピのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

フィリッピのたたかい【フィリッピの戦】

前42年10月,マケドニア東部のフィリッピPhilippiにおいて,カエサルの暗殺者で共和派のブルトゥスカッシウスの軍隊と,第2次三頭政治の実力者オクタウィアヌス(後のアウグストゥス)とアントニウスの軍隊の間で行われた会戦。戦闘は2度行われ,最初の戦いでカッシウスは自殺,2度目の戦い(23日)でブルトゥスは敗れて自殺した。オクタウィアヌスはさしたる戦功もなく,実質的な勝利者アントニウスはこの戦いの後,東方に勢力を伸ばし,まもなく二人の後継者争いが激化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフィリッピの戦の言及

【アウグストゥス】より

…前43年,アントニウスを支持するレピドゥスを加えて,〈国家再建三人委員〉を結成し,元老院の承認によって独裁官の全権を得ると,彼自身は北アフリカ,シチリア,サルディニアおよびコルシカを勢力基盤とする。前42年,フィリッピの戦で共和派の残党を一掃した際には,頭目ブルトゥスの首をカエサルの彫像の前にささげたといわれる。 その後,退役兵への土地分配をめぐってアントニウスとの間に亀裂が生じ,彼は海上に勢力を振るうセクストゥス・ポンペイウスSextus Pompeius Magnus Piusと一時結んだが,前40年ブルンディシウムの協約によって再びアントニウスと和解した。…

【ブルトゥス】より

…しかし前44年3月15日のカエサル暗殺に指導的役割を果たした。その後は東方に赴き,軍隊を集めて力を蓄え,カッシウスと結んでアントニウス=オクタウィアヌス(後のアウグストゥス)連合軍と戦ったが,フィリッピの戦の第2回目の戦闘(前42年11月)に敗れ,自殺した。ストアの哲人としての高潔な人格は同時代人のみならず,後世の人にも大きな影響を与えた。…

【ローマ】より

… こうしてカエサルはローマの唯一の権力者として残ったが,彼が独裁的傾向を強め,王位への野望もみせたので,カッシウス,ブルトゥスらの共和主義者は前44年3月15日彼を元老院議場で暗殺した。 カエサルの甥で遺言により養子・相続人となったオクタウィアヌスはカエサルの領袖アントニウスと結んで公式に国家再建三人委員(いわゆる第2次三頭政治)に就き(前43),カエサルを暗殺した共和主義者の軍隊をフィリッピの戦(前42)で破った。レピドゥスはポンペイウスの息子セクストゥスの征討に功があったが,やがて失脚し,オクタウィアヌスとアントニウスの両雄が残った。…

※「フィリッピの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィリッピの戦の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ローマ史(年表)アウグスツスブルーツスメッサラパウルスカスカツリア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android