フィリップ アルロー(英語表記)Philippe Arlaud

現代外国人名録2012の解説

フィリップ アルロー
Philippe Arlaud


国籍
フランス

専門
演出家;舞台美術家

出生地
パリ

学歴
ストラスブール国立劇場演劇大学

経歴
ストラスブールで演出・舞台美術・美術史を学び、1977〜81年ストラスブール国立劇場附属演劇集団のメンバーとして活躍。’82年フリーとなり、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパー、ミラノ・スカラ座、ベルリン・ドイツ・オペラ、マリインスキー劇場など世界的な歌劇場やブレゲンツ、スポレート音楽祭で演出・舞台美術・照明を手掛ける。2002〜2007年バイロイト音楽祭で「タンホイザー」を演出。ヨーロッパでは“色彩の魔術師”と呼ばれている。2000年ウィーン国立歌劇場来日公演「シャモニーリンダ」の美術を手掛け、新国立劇場では2003年「ホフマン物語」、2005年「アンドレア・シエニエ」、2010年「アラベッラ」で演出・美術・照明を担当。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android