コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンホイザー Tannhäuser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンホイザー
Tannhäuser

[生]1200頃
[没]1270頃
中高ドイツ語時代の抒情詩人。中高ドイツ語では Tannhuser。おそらくバイエルン地方の騎士の出身。生涯についてはほとんど不明であるが,広く各地を旅行し十字軍にも参加 (1228~29) したと伝えられる。作品には技巧を凝らした上品な舞踏歌のほか,滑稽で写実的なミンネザング (恋愛詩) ,あるいは格言詩などがある。彼の名を冠して伝えられた一連の懺悔の歌のために,民間伝説の主人公として有名になり,ティークやハイネらに取上げられ,なかでもワーグナーの楽劇『タンホイザー』は有名。

タンホイザー
Tannhäuser

ドイツの作曲家 R.ワーグナー作曲の3幕のロマンチック・オペラ。 1843~44年作曲。初演は 45年 10月 19日,ドレスデン原題は『タンホイザーとワルトブルクの歌合戦』で,中世の伝説に基づき,作曲者が台本を書いた。中世抒情詩人タンホイザーの官能的な愛とキリスト教的愛との相克を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タンホイザー(Tannhäuser)

ワグナー作曲のオペラ。全3幕。1845年ドレスデンで初演。中世ドイツの伝説をもとにワグナー自身が台本を作成。騎士で吟遊詩人のタンホイザーとエリーザベト姫との愛を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タンホイザー

R.ワーグナーの3幕のオペラ。正式タイトルは《タンホイザーとワルトブルク歌合戦》。1842年から1845年にかけて作曲され,同年ドレスデン宮廷歌劇場(現ドレスデン国立歌劇場)で初演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タンホイザー

ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーのドイツ語による全3幕のオペラ(1845)。原題《Tannhäuser und der Sängerkrieg auf der Wartburg》。正式名称は『タンホイザーとワルトブルクの歌合戦』。中世ドイツに実在した歌合戦を題材とし、騎士タンホイザーと領主の娘エリーザベトとの純愛を描いた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンホイザー【Der Tannhäuser】

13世紀中ごろに活躍したバイエルン出身の詩人,ミンネゼンガー(中世騎士恋愛詩人)。恋愛詩,舞踏歌,十字軍歌などドイツ語による16編の作品が残っているが,実在詩人としてよりもむしろ中世後期以降に生じた詩人伝説の主人公として有名になった。ベーヌス山Venusbergで官能的歓楽にふけった後,魂の救済を求めてローマに巡礼,教皇の過酷な判決を受けるが,神には許される。このタンホイザーのバラードは,《少年の魔法の角笛》に収録されて以来,ドイツ・ロマン派の詩人たちは好んでこの題材を取り上げた。

タンホイザー【Tannhäuser】

R.ワーグナー作詞,作曲による3幕のロマン的オペラ。正式な題名は《タンホイザーとワルトブルクの歌合戦》。1845年完成,同年ドレスデンで初演されたが,2年後に一部改訂(ドレスデン版),さらに61年のパリ上演に際しては第1幕にバレエの場面が挿入された(パリ版)。台本は二つの異なった伝説(歌合戦の話およびタンホイザーの伝説)に基づいてワーグナー自身が書いた。中世ドイツの騎士でミンネゼンガーのタンホイザーは,ワルトブルク領主の姪エリーザベトと清い愛を誓い合った仲であったが,妖艶な美の女神ビーナスの誘惑に負けて官能の世界におぼれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タンホイザー【Tannhäuser】

ワグナー作曲のオペラ。三幕。1845年初演。中世ドイツの伝説に基づくワグナー自身の台本による。従来のオペラから楽劇に発展する兆しを示した作品。初演後改訂版がある。原題は「タンホイザーとワルトブルクの歌合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンホイザー
たんほいざー
Tannhuser und der Sngerkrieg auf der Wartburg

ワーグナーのオペラ。正式の題名は『タンホイザーとワルトブルクの歌合戦』で、「三幕からなるロマン的オペラ」の副題をもつ。自ら中世ドイツの史実や伝説に基づき台本を作成、1845年ドレスデンで初演。愛の女神ウェヌス(ビーナス)のもとで官能の世界におぼれていた騎士タンホイザーは、これに飽いて地上に戻り、ワルトブルクの歌合戦に参加する。そこで彼は肉欲の愛を賛美する大罪を犯してしまうのだが、彼を愛する領主の姪(めい)エリーザベートのとりなしでローマ巡礼の旅に出る。しかし教皇から赦免を拒否されたタンホイザーはふたたびウェヌスの世界に戻ろうとするが、エリーザベートは自らの命を犠牲にして彼の魂を救済する。
 このオペラは筋書き構成までワーグナーが自分で案出した最初の作品であり、また音楽面においても、彼独自のスタイルを確立するうえで重要な意味をもつ。ドラマの内容を先取りした交響詩的序曲、息の長いウェヌスとタンホイザーの対話、そしてエリーザベートの「歌の殿堂」やウォルフラムの「夕星(ゆうぼし)の歌」、また「巡礼の合唱」なども有名だが、とくにタンホイザーの歌う第三幕の「ローマの語り」には後期の円熟した作法を予見させるものがある。1861年、序幕にバレエを入れた改訂版がパリで上演されている。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタンホイザーの言及

【アーモンド】より

…出エジプト後,祭司を選出する部族を決めるにあたって,アーモンドの樹で作ったつえを各幕屋の前に突き立てて占ったところレビ族のアロンのつえに花が咲いたという。タンホイザー伝説においても,ウェヌスの都で快楽にふけった罪を告白にきた彼に対し,教皇ウルバヌス4世は〈このつえに花が咲くなら罪は宥(ゆる)されよう〉と答えてすげなく追い返したが,ほんとうにつえに花が咲いてしまい,あわててタンホイザーを探しまわったという。ギリシアの悲恋物語では,恋人デモフォンDēmophōnの帰還を待たずに焦がれ死にしたフュリスPhyllisのために,デモフォンがアーモンドの樹の洞に作られた墓に回向したところ,花が一斉に咲きだした奇跡が語られ,爾来アーモンドは不滅の愛の象徴ともなった。…

【オペラ】より

… さらに,これらのヨーロッパ周辺の民族性の強い国々だけでなく,音楽の発展の主流を担ったヨーロッパ中枢部の国々においてさえ,国民性・民族性の差異は顕著であった。グルックの《オルフェオ》にはウィーン版(イタリア語)とパリ版(フランス語)があり,ワーグナーの《タンホイザー》にもドイツ語版とフランス語版があるが,両者ともフランスで上演するに当たっては,フランスの人たちのバレエ好みを考慮して,大幅な手直しを行っている。ついでながら,自然発生的にオペラが生まれたイタリア以外の諸国では,いずれの国でも,オペラは外から移入された芸術であった。…

【タンホイザー】より

…ベーヌス山Venusbergで官能的歓楽にふけった後,魂の救済を求めてローマに巡礼,教皇の過酷な判決を受けるが,神には許される。このタンホイザーのバラードは,《少年の魔法の角笛》に収録されて以来,ドイツ・ロマン派の詩人たちは好んでこの題材を取り上げた。ワーグナーの楽劇《タンホイザー》では,歌合戦伝説と融合している。…

【ワルトブルクの歌合戦】より

…中世後期以来,年代記,聖人伝等に語り継がれ,グリム兄弟の《ドイツ伝説集》にも収録される。R.ワーグナーの楽劇《タンホイザー》によって一般に知られるが,伝説の原型は,ウォルフラムを崇拝する亜流詩人たちによって13世紀中ごろないし後半に作られたと推定される中世ドイツ語の論争詩に由来する。チューリンゲン方伯ヘルマンHermann von Thüringenをたたえる詩人たち(ウォルフラム,ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ラインマルReinmar von Zweter,ビテロルフBiterolf,書記)を相手に,ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンがひとりオーストリア公レオポルトを称賛して敗れる前編を〈君主賛美〉,クリングゾルKlingsorのかける宗教上のなぞをウォルフラムが次々と解いて勝利を収める後編を〈なぞかけ〉,両者を合わせて〈ワルトブルクの歌合戦〉と呼ぶが,これは19世紀以降に研究の便宜上つけられた表題である。…

※「タンホイザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タンホイザーの関連キーワードハンス・ペーター レーマンノイシュバンシュタイン城カミッラ ニールンドデ・ロス・アンヘレスゼンパーオペラハウスさまよえるオランダ人デ・ロス・アンヘレスグレース バンブリーフィリップ アルローペツォルト ハンカヘルマン プライベン ヘップナーリンダーホーフ城コリン デービスヴァルトブルク城ボー スコウフスH. ペツォルトウルバヌス4世ポール カランバルトブルク城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タンホイザーの関連情報