コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレゲンツ ブレゲンツ Bregenz

4件 の用語解説(ブレゲンツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレゲンツ
ブレゲンツ
Bregenz

オーストリア西端,フォラルルベルク州の州都。ボーデン湖東端に位置する。ローマ時代にはブリガンティウムと呼ばれ,重要な軍営地であった。中世にはブレゲンツ伯の領土で,のちモンフォール伯家に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブレゲンツ(Bregenz)

オーストリア西端、フォアアールベルク州の都市。同州の州都。オーストリアドイツスイスが国境を接するボーデン湖コンスタンス湖)の南東岸に位置する。紀元前ケルト人集落、ローマ帝国の時代に軍営地が置かれた。時計、電気機器、繊維などの工業が盛ん。毎夏、ボーデン湖上で開催されるブレゲンツ音楽祭が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブレゲンツ

オーストリア北西端,ボーデン湖畔の港市。機械,化学,繊維などの工業が行われ,観光・スポーツの中心地。ケルト,ローマ時代の遺物を集めた博物館がある。18万737人(2001)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレゲンツ
ぶれげんつ
Bregenz

オーストリア西端、フォアアールベルク州の州都。人口2万6752(2001)。ボーデン湖(コンスタンス湖)東端の標高398メートルの地に位置し、ライン川の河谷沿いにアルプスへ入る基点にあたる。紀元前ケルト人の植民に発し、1249年には都市となった。化学、電気機器、金属、食料品、繊維などの工業があるが、むしろボーデン湖畔の夏の観光地として多くの訪問客をひきつけている。とくに1946年以降、湖岸の舞台で催される夏のブレゲンツ音楽祭は有名である。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレゲンツの関連キーワードオーストリア併合オーストラリア亜区シュルンスフェルトキルヒモンタフォンレッヒシューベルティアーデアールベルク[峠]アールベルク・スキー術フォアアールベルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレゲンツの関連情報