フィリップ ノワレ(英語表記)Philippe Noiret

20世紀西洋人名事典の解説

フィリップ ノワレ
Philippe Noiret


1931.10.1 -
フランスの俳優。
ノール県リール生まれ。
ロジェ・ブランに演技を学び、「スウェーデンの城」など多くの演劇に出演。国立民衆劇場に入って、テレビでも活躍。「La Pointe courte」(’56年)で映画デビュー、お人好しの役で主に喜劇映画に出演している。「Thérèse Desqueyroux」でベニス映画祭男優賞を受賞。他に「将軍たちの夜」(’66年)、「エスピオナージ」(’72年)、「料理長殿、ご用心」(’78年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android