コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン国軍反乱事件 フィリピンこくぐんはんらんじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン国軍反乱事件
フィリピンこくぐんはんらんじけん

フィリピンで 1989年 12月1日未明に発生した国軍主力のクーデター未遂事件。マルコス政権の末期から戒厳令下で肥大化した軍部に対する政府の待遇が悪化,軍部内に不満が高まり,派閥の対立を深めていた。このクーデターではアキノ政権から除外されつつあった国軍改革運動 (RAM;Reform the Armed Forces of the Philippines) と旧マルコス派が提携,過去最大規模の反乱となった。アキノ政権発足以来6回目の国軍反乱だったことに加え,米軍の支援によって鎮圧したため,同政権の威信は大きく傷つけられた。 92年に成立したラモス政権は,RAMと和平会談を行うなど対立関係の収束に動いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリピン国軍反乱事件の関連キーワードAPEC舟崎克彦スペースシャトル飛行記録レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センター[各個指定]芸能部門井上光晴大岡信温室効果

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android