コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロクセノス Philoxenos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロクセノス
Philoxenos

古代ギリシアの画家。エレトリアに生まれ,前4世紀末から前3世紀初頭に活躍した。ニコマコスの弟子といわれる。アレクサンドロス3世の将カサンドロスのために,アレクサンドロス3世がダレイオス3世に勝利したイッソスの戦いの戦闘図を描いた。ポンペイの「ファウヌス(牧羊神)の家」から出土した『アレクサンドロスのモザイク』(ナポリ国立考古学博物館)はこの作品をもとにしてつくられたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフィロクセノスの言及

【歴史画】より

…古代エジプトでは,第19王朝のセティ1世,ラメセス2世神殿の壁画に戦闘の光景が描写されている。ギリシアでは,ポリュグノトスがアテナイのストア・ポイキレに描いた〈マラトンの戦〉(前5世紀)や,エレトリアのフィロクセノスPhiloxenos(生没年不詳)による〈アレクサンドロス大王の戦〉(前300ころ。のちにモザイク化されて伝わる)などが知られる。…

※「フィロクセノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィロクセノスの関連キーワードシリア語訳聖書歴史画

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android