コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロソフィア・ペレンニス philosophia perennis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロソフィア・ペレンニス
philosophia perennis

ラテン語で「永遠の哲学」の意。グッピオのステウクスの著『永遠の哲学について』 De philosophia perenni (1540) で初めて語られたが,これを受けてライプニッツはこの概念をみずからの哲学の標語のようにして用いた。一方新スコラ学では,不変の実在と理性に基づく哲学は時間や空間をこえて永遠に妥当する真理にかかわり,トマス哲学がその典型であるとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android