コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンガル洞窟 フィンガルどうくつFingal’s Cave

世界大百科事典 第2版の解説

フィンガルどうくつ【フィンガル洞窟 Fingal’s Cave】

イギリス,スコットランド西部,ストラスクライド州北西部(旧,アーガイルシャー),インナー・ヘブリディーズ諸島のスタッファStaffa島にある洞窟。入口は高さ6~12mのアーチ,奥行きは約69mで絶えず海水の浸食を受け,内部は第三紀の玄武岩溶岩が冷却されてできた六角柱からなる。伝承では北アイルランドジャイアンツ・コーズウェーの延長とされる。1772年に探検家J.バンクスが訪ねてから有名になり,メンデルスゾーンも1829年に訪れ管弦楽序曲《フィンガルの洞窟》を作曲した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィンガル洞窟の関連キーワードインナー・ヘブリディーズ諸島ジャイアンツ・コーズウェースタッファ島

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android