フィーダー(読み)ふぃーだー(英語表記)feeder

翻訳|feeder

日本大百科全書(ニッポニカ)「フィーダー」の解説

フィーダー
ふぃーだー
feeder

送信機から送信アンテナへ、受信アンテナから受信機へ高周波電力を伝送するために使用する線路。給電線、饋(き)電線ともいう。VHF、UHF以下の周波数帯ではおもに同軸線路が用いられる。送信用は内導体、外導体ともに銅のパイプでつくられ、インピーダンスは一般に50オームで、使用する電力に応じ種々の径のものが製造されている。受信用にはリボンフィーダーと同軸ケーブルがある。リボンフィーダーは二つの金属導体と誘電体で構成されている。伝送損失は少ないが、表面に雨や塩が付着すると損失が増加するとか、外部雑音など妨害電波の影響を受けやすいという難点もある。同軸ケーブルは外部雑音の影響をほとんど受けないが、リボンフィーダーよりやや高価である。リボンフィーダーのインピーダンスには300オームと200オームとがあり、同軸ケーブルには75オームと50オームとがある。

 以上のほか、周波数の大きなマイクロ波、ミリ波帯では伝送損失を小さくするため、もっぱら導波管が用いられている。

 電鉄関係では、トロリー線や第三軌条レールに変電所から電力を供給する電線をフィーダーあるいは饋電線という。また送配電関係では、発・変電所から需要地に至る配電線のうち、分岐線および配電変圧器のない部分をフィーダーあるいは給電線という。

[木村 敏・金木利之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「フィーダー」の解説

フィーダー(feeder)

給電線きゅうでんせん
供給装置。「シートフィーダー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィーダーの言及

【雲】より

…(c)下層の雲 層積雲は団塊状や波状の構造の白色または灰色の雲で,積雲や積乱雲が広がってできることがある。また中層から降雨を刺激するシーダーとしての尾流が下がってくるとき,フィーダー(降雨の供給源)としての水分を補給する。すなわち,降れば層積雲または乱層雲により十分補給される。…

【貯鉱】より

…下部は平底のものもあるが,ふつうは逆円錐形または逆角錐形となっている。容器の底部には1ないし複数個の排出口が設けられ,そこにはふつう定量供給のための供給装置フィーダーfeederが取り付けられている。貯鉱舎は貯鉱ヤードに比して一般には貯鉱容量が小さく,したがって均一化能力も小さいが,特殊な設計によって均一化能力を高めたものもある。…

※「フィーダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android