コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝送損失 でんそうそんしつ

3件 の用語解説(伝送損失の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

伝送損失

ADSL信号の劣化度合いのこと。ADSLはNTTの交換機からユーザー宅の距離が遠いほど、間にある電気や電波障害によって伝送信号が劣化する性質を持っている。NTTのHPでは電話線路距離を測定し、実際にどれぐらいの伝送損失があるか調べられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんそう‐そんしつ【伝送損失】

transmission loss》通信経路において電波・光・音などの信号が減衰する度合い。距離が離れることや機器の接触不良、無線通信のフェージングによる劣化などが原因で起こる。単位はデシベル(dB)。伝播(でんぱ)損失。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんそうそんしつ【伝送損失 transmission loss】

伝送系の入出力間の損失を伝送損失という。端末から端末までの伝送損失が規定の値より大きくなると,受信信号レベルが下がって満足な通信ができない。伝送損失の定義式は,次のように与えられる。例えば,出力電力が入力電力の1/2になると,log10(1/2)≒-0.3であるから,伝送損失は3dBということになる。【辻井 重男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の伝送損失の言及

【音響設計】より


[遮音設計]
 建物外部の騒音や隣室の音に対しての防音構造とするためには,壁などに十分な遮音性能が要求される。入射音エネルギーに対する透過音エネルギーの割合を音響透過率(τ)といい,その逆数の常用対数を10倍した値を音響透過損失transmission loss(略称TL)と呼ぶ。TL=10log10(1/τ)で,単位はdBである。…

※「伝送損失」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝送損失の関連キーワード損失回避性繰越損失金中継器伝送税引後当期純損失税引前当期純損失税引前当期純利益損失補填ストップ・ロス(Stop Loss)伝送理論

伝送損失の関連情報