フィードバック・システム(読み)ふぃーどばっくしすてむ(英語表記)feedback system

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィードバック・システム
ふぃーどばっくしすてむ
feedback system

フィードバックとは出力を入力のに戻すことである。つまり、制御量(出力)を検出して、その信号既定の目標値と比較し、その出力が適正な値となるように入力側へ差引き値を伝達する経路をフィードバックという。このような機能を備えたシステムをフィードバック・システムという。管理システムにおけるフィードバックの機能は、計画システムあるいは物的システムの作動結果を上位の計画システムに内部情報として送り出すことを意味する。このようなフィードバック機能によって、上位の計画システムでは再計画あるいは統制機能を働かせて指示を与えることになる。

 光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android