コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェッラー fellāḥ

翻訳|fellāḥ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェッラー
fellāḥ

古典アラビア語では fallāḥ。初期イスラム時代から現在にいたる西アジア,エジプト社会の農民の呼称。地主,小自作農,小作人の意で,また「町の人」に対して「田舎の人」を意味する。前近代のイスラム社会では家族労働による農業経営を行う小農民をさす場合が多い。7世紀から 11世紀頃までの村落共同体の農民は比較的自由な農業経営を営み,地租ハラージを国家に納入する存在であった。 10世紀以降,軍人と土地とを結びつけるイクター制が成立すると,フェッラーはイクター保有者に地租以外にさまざまな貢租を提出する「農奴」となり,この状態はオスマン朝時代まで続いた。 19世紀以降,地主制の再編成によってフェッラーの経済状態はますます悪化したが,エジプトでは,1952年の革命以後ようやく本格的な土地改革が実施され,フェッラーの農奴的地位は改善された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェッラーの関連キーワードピエモンテの葡萄畑景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラートフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯トゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)カラッチ(Lodovico Carracci)コンスタンティノス(11世)カザーレ・モンフェッラートフェッラーラのドゥオーモピコ・デラ・ミランドラジョスカン・デ・プレエミリア・ロマーニャフィレンツェ公会議チザルピーナ共和国フェラーラ大聖堂Y. ギルベール狂えるオルランドフレスコバルディG. バッサーニドッソ・ドッシカンブレー同盟バーゼル公会議

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android