コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクター制 いくたーせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イクター制
いくたーせい

10世紀なかば以降のイスラム王朝にみられる基本的な国家制度。村落や土地が分与地(イクターiqa‘)としてもっぱら軍人に与えられたことから、軍事イクター制ともよばれる。イラクのブワイフ朝に始まり、次のセルジューク朝で軍事奉仕の代償として授与されることが定められ、これがアイユーブ朝やマムルーク朝、さらにはオスマン帝国(ティマルとよばれた)にまで受け継がれた。イクター保有権は法的には徴税権に限られていたが、現実の保有者は農民や土地をかなり恣意(しい)的に支配していた。しかしその保有は世襲を原則としていたわけではなく、一代限りのことも多かったから、軍人が地方に土着の権力を形成するまでには至らなかった。[佐藤次高]
『佐藤次高著『イスラム封建制度論』(『岩波講座 世界歴史 8』所収・1969・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイクター制の言及

【イスラム】より

…国庫収入の低下はアター体制の維持を難しくする。10世紀半ばに軍人に対して直接土地の支配と管理をゆだねるイクター制が成立したことは,このような旧体制の完全な崩壊を意味していた。都市に住むイクター保有者(ムクター)は代官を派遣して農民から租税を徴収し,その収入を用いて配下の兵士を養うことを義務づけられていた。…

※「イクター制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イクター制の関連キーワードガーザーン・ハン(合賛汗)ニザーム・アルムルクムイッズ・アッダウラ総合年表(アフリカ)ニザームル・ムルク中東史(年表)マリク・シャーイルティザームアッバース朝ジャーギールマムルーク朝ティマール制ディフカーンアイユーブ朝ティマールトゥユールサラディンフェッラー佐藤次高中世社会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android