コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクター iqtā`

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクター
iqtā`

カリフやスルタンから分与された徴税権,ないしは土地や村落を意味するアラビア語。イスラム法理論家の見解によれば,イクターは国家から個人に対して授与された私有地 iqtā`al-tamlīkと,俸給の代りに授与された税収入 iqtā` al-istīghlālとに分類される。初期イスラム時代にはカティーア qatī`aと呼ばれることが多く,これがアラブによる大土地所有形式の1つの基礎になっていた。 10世紀後半になるとブワイフ朝のムイッズ・アッダウラ (在位 932~967) はダイラム人傭兵に対し,俸給の代りとして国有地からの徴税権を譲渡した。これ以降,西アジア社会にこの軍事イクター制が次第に広まってゆき,軍事制度や土地制度をはじめとして国家制度全体を規定する基本的な要素となった。セルジューク朝の宰相ニザームル・ムルクはイクター所有の規模に応じてイクター所有者 muqta`の軍事奉仕の義務を体系化し,これがシリアのザンギー朝,さらにはエジプトのアイユーブ朝マムルーク朝へと継承されていった。ペルシアのソユールガール制やトルコのディルリク制 (ティマール制) も本質的にはこのイクター制と同一の制度である。イクター制の廃止政策がとられたのは,19世紀になってからであり,エジプトではムハンマド・アリーの近代化政策以後,トルコではタンジマート以降のことであった。現代のアラブ社会ではイクター制は「封建制」とほぼ同じ意味で用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イクター【iqṭā‘】

カリフやスルタンから授与された分与地を意味するアラビア語。その保有者をムクターmuqṭa‘という。法学者の分類によれば,イクターは〈私有のイクター〉と〈用益のイクター〉とに分かれる。前者の授与はすでに7世紀のムハンマド時代から行われ,歴史史料はこれを同じ分与地の意味でカティーアqaṭī‘aと呼ぶ。軍人に限らず,官僚や部族民に対してもそれぞれの功績に応じて小規模の荒蕪地や耕地が与えられ,より大規模な私有地であるダイアḍay‘aとともに大土地所有形成の基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイクターの言及

【勧農】より

…アッバース朝政府もこの政策を踏襲し,水利機構の管理や耕作の監督を各地に派遣した徴税官(アーミル)の業務にゆだねた。しかし10世紀半ばにイクター制が成立するとイマーラはイクター保有者である軍人の義務となり,政府の統制が弱いブワイフ朝下のイラクでは,イマーラを無視した収奪が行われたために多くの農村が荒廃に帰したといわれる。一方,アイユーブ朝(1169‐1250)やマムルーク朝(1250‐1517)治下のエジプト・シリアでは,地方総督(ワーリー)の監督下にイクター保有者によるイマーラが比較的順調に行われた。…

【ソユールガール】より

…しかし,14世紀以降のイランでは,遊牧社会における主従関係,生産と土地所有の関係だけを示す概念ではなくなり,農業的な諸関係をも含んだ土地所有の概念として使われるようになった。イル・ハーン国の末期まで土地所有の主要な形態であったイクター制を継承・発展させるものがソユールガールと考えられた。 イクターでは,俸給の代りに授与された徴税権を伴う分与地に対して,軍人の権利はあくまでも一時的な保有関係であり,農民に対する支配権を認められていなかった。…

【プロノイア】より

…その結果,まず国家の地方財政管理組織の解体が,ひいては徴税権をゆだねられた者への当該地域の住民の隷属化が生まれることになった。この点でプロノイアは,同制度とよく比較される同時代の西ヨーロッパ封建制度における封土(レーン)や,イスラムのイクターのうち,とくに後者と部分的に共通する性格を有する。【渡辺 金一】。…

【ワキール】より

…商業においてワキールが独自の役割を果たしたのは中世半ばまでである。 商業上のワキールと並んで,歴史的に重要なのは,ダイアとかイクターなど土地所有者のワキールである。この場合は代官とでも訳すのが適当であろう。…

※「イクター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イクターの関連キーワードガーザーン・ハン(合賛汗)ニザーム・アルムルクニザーム・アルムルクムイッズ・アッダウラ総合年表(アフリカ)イブン・イヤースマリク・シャーマリク・シャーイルティザーム中東史(年表)ディフカーンジャーギールアター・ベクアッバース朝サラディンティマールフェッラートゥユール佐藤次高中世社会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イクターの関連情報