コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェナム酸中毒 ふぇなむさんちゅうどく

家庭医学館の解説

ふぇなむさんちゅうどく【フェナム酸中毒】

 フェナム酸による中毒では、ふつうは事故から4時間以後、ときに12時間以降にけいれん大発作(だいほっさ)がおこることが多いものです。
 けいれんが治まり、つぎのけいれんがおこるまでの間欠期に不穏、錯乱、昏睡(こんすい)がおこることもあります。
[治療]
 けいれんを誘発するので、吐かせようとしてはいけません。
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用を行ない、けいれんがおこったらジアゼパムを注射します。
 薬が小腸から吸収されるまでに時間がかかるので、ぼんやり、ふらつき程度の軽い症状でも、12時間は、入院しての観察が必要になります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android