コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェナム酸中毒 ふぇなむさんちゅうどく

1件 の用語解説(フェナム酸中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふぇなむさんちゅうどく【フェナム酸中毒】

 フェナム酸による中毒では、ふつうは事故から4時間以後、ときに12時間以降にけいれん大発作(だいほっさ)がおこることが多いものです。
 けいれんが治まり、つぎのけいれんがおこるまでの間欠期に不穏、錯乱、昏睡(こんすい)がおこることもあります。
[治療]
 けいれんを誘発するので、吐かせようとしてはいけません。
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用を行ない、けいれんがおこったらジアゼパムを注射します。
 薬が小腸から吸収されるまでに時間がかかるので、ぼんやり、ふらつき程度の軽い症状でも、12時間は、入院しての観察が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

フェナム酸中毒の関連キーワードニコチン中毒フグ中毒亜鉛中毒且つうはイガイ中毒貝中毒シアン中毒シュウ酸中毒臭素中毒フッ素中毒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone