コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェニトイン phenytoin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェニトイン
phenytoin

ジフェニルヒダントインともいう。メフェニトイン,ニルバノール,エソトインなどとともにヒダントイン誘導体で,抗てんかん薬不整脈治療剤として用いる。抗てんかん薬としては,中枢神経系の一般的な抑制作用がほとんどみられない量で特異的に運動機能を抑制するので,大発作,精神運動発作に使用される。小発作には無効である。薬物性のけいれんや破傷風などのけいれん発作にも用いない。不整脈治療剤としては,主としてジギタリス中毒による不整脈に有効である。抗てんかん薬としては経口投与が多いが,不整脈治療剤としては経口,注射の双方が用いられる。副作用は比較的低いが,長期間の投与では吐き気,嘔吐,めまい,振戦,運動失調,頭痛,眼瞼下垂,ねむけ,皮疹,歯肉増殖,肝炎などがみられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフェニトインの言及

【癲癇】より

…薬物代謝酵素の活性を高めるので,他薬との併用の際に留意しなくてはいけない。フェニトインはバルビツレートから6位の=COを除去した形の薬物で,催眠作用を呈さない用量で有効である。大発作に効くが,小発作はかえって悪化する。…

※「フェニトイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェニトインの関連キーワード筋緊張性(強直性)ジストロフィー筋緊張症(ミオトニー症候群)ジフェニルヒダントイン薬剤性肝障害抗うつ薬中毒シメチジン催奇形物質歯肉増殖症筋強直症

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェニトインの関連情報