コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼瞼下垂 がんけんかすいblepharoptosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼瞼下垂
がんけんかすい
blepharoptosis

上眼瞼が下垂して瞼裂が狭くなる状態。上眼瞼挙筋または上瞼板筋の麻痺によって起る。前者は動眼神経麻痺によるもので下垂の程度が強く,後者は交感神経麻痺によるもので軽い。先天的なものが多い。後天的には片側性のものが多く,外傷,梅毒,腫瘍,筋無力症などで起る。治療は,先天性のものには手術を行い,後天性のものには原因療法を行う。筋無力症にはワゴスチグミン注射がよくきくので,診断にも用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

がんけんかすい【眼瞼下垂 Blepharoptosis】

[どんな病気か]
 生まれつきみられる場合(先天性眼瞼下垂(「先天性眼瞼下垂」))と、中高年にみられる場合(後天的な眼瞼下垂)に分けることができます。多くは片側の上まぶた(上眼瞼)が下垂した状態で、まれに両側のことがあります。両方の上まぶたに発生して、とくに疲労がたまると悪くなる場合は、重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)が疑われます。この場合は内科の専門医の検査を受ける必要があります。
[診断]
 重症筋無力症が疑われる場合は、テンシロンRという薬を静脈内に注射し、下垂が改善するかどうかを判定する、テンシロンテストを行ないます。
[治療]
 重症筋無力症の場合は薬を内服したり、胸腺(きょうせん)の摘出術を行なったりします。それ以外の先天的、後天的な眼瞼下垂では、手術によって下垂の程度を減らすことが治療の目的になります。左右差が小さい場合や子どもでは、手術後にも顔全体が成長するので、ある程度手術を待ったほうがよいこともあります。しかし、とくに生まれて間もない乳児の眼瞼下垂では、上まぶたの縁が角膜(かくまく)中央部を隠すと強い弱視(じゃくし)をおこすので、できるかぎり早期に手術を受けなければなりません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

眼瞼下垂の関連キーワード胎児性アルコール症候群ミトコンドリア脳筋症その他の染色体異常ボツリヌス食中毒脊髄小脳変性症四丘体症候群フェニトイン延髄症候群目(め)スネレン脳動脈瘤糖尿病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼瞼下垂の関連情報