コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェラーリ512BB

デジタル大辞泉プラスの解説

フェラーリ512BB

イタリアのフェラーリが1976年から1981年まで製造、販売していた高級スポーツカー。2ドアクーペ。DOHCの水平対向12気筒エンジンを搭載。ミッドシップ形式の後輪駆動を採用。1970年代の日本におけるスーパーカーブームでは、ランボルギーニ・カウンタックとともに最も人気が高い車種として知られた。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のフェラーリ512BBの言及

【スポーツカー】より

…明確な定義があるわけではないが,一般に,単なる輸送機械としてだけでなく,走らせること,すなわち操縦することにスポーツ性や楽しみの要素をもたせた自動車をスポーツカーと呼んでいる。一般的な特徴としては,車両重量に比較して強力なエンジンを搭載して優れた動力性能をもち,それに見合った強力なブレーキ性能,卓越した操縦性,安定性を有すること,また多くは2人乗り(前席を優先させた4人乗りもある)で,形態上はオープンボディやクーペボディをもつことなどがあげられる。…

※「フェラーリ512BB」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェラーリ512BBの関連キーワードイタリア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android