フェリオス・ゴードン オデッタ(英語表記)Felios Gordon Odetta

20世紀西洋人名事典の解説


1930.12.31 -
米国のジャズ歌手。
アラバマ州バーミンガム生まれ。
10代に夜学に通いながら音楽を習得し、ギターも独習する。1950年代には合唱団一員となった後、フォークソング・シンガーとして独立する。ハリー・ベラフォンテに認められニューヨーク進出。’59年以降ニューポート・フォークフェスティバルのレギュラーとして活躍する。’60年ベラフォンテのカーネギー・ホール・コンサートにゲストとして登場した。’65年来日。代表作に「オデッタ・アンド・ザ・ブルース/オデッタ・ウィズ・ザ・バック・クレイトンセクステット」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android