コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜学 ヤガク

デジタル大辞泉の解説

や‐がく【夜学】

夜間に学業を修める課程。また、その課程を設置した教育機関。「夜学生」 秋》「―すすむ教師の声の低きまま/虚子
夜、学問をすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やがく【夜学】

経済的事情などから昼間は労働に従事する者に対して夜間に行われる教育,またはそのための教育機関をさす。日本では,江戸中期以降,寺子屋に奉公人のための夜学が設けられたり,含翠堂(がんすいどう)(1717年,土橋友直が大坂に設立),懐徳堂などの私塾で夜間の講義・公開講座を行ったり,心学運動が夜間講話を広めたりするなかで,夜学への関心が教師,民衆のあいだに広まっていった。しかし,夜学が制度化されたのは近代学校制度が導入されてからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やがく【夜学】

夜間に授業をする学校。学校の夜間部。夜学校。 「 -に通う」
夜間に勉学すること。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜学
やがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夜学の関連キーワードフレデリック・ウィンスロー テイラーピエール・オーギュスト ルノアールホセー ギノバルト・ベルトラーンフェリオス・ゴードン オデッタアンカー ヨアウェンセンエルマー・L. ライスエンリコ マッテイマルセル カルネ冶・夜・爺・野アル ムザーンヨアウェンセンホワイトヘッドミカド 天風フージュロン鈴木 泉三郎フラマリオン山口 重次諏訪 三郎木村 秀蔵麓 常三郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜学の関連情報