コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリビアン André Félibien

世界大百科事典 第2版の解説

フェリビアン【André Félibien】

1619‐95
フランスの美術史家,美術批評家。シャルトルで生まれ,小貴族の家庭で教育をうけた後,パリで当時の一流の文学的環境で成長する。ローマ駐在のフランス大使付秘書官として,1647‐49年赴き,画家プッサンらに出会う。帰国後,66年,王の修史官historiographeとして王立建築物や王立コレクションの史的記述を行う。66‐88年に書かれた《古今の最も優れた画家の作品と生涯についての談話集》(全10巻)は,フランス・アカデミーの基本理念をあらわすもので,以後200年間多大な影響力を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフェリビアンの言及

【風俗画】より

…このころから〈主題の専門化の風潮〉(ゴンブリッチ)が決定的となる。しかし,同時代フランスの美術批評家ピールR.de Pilesはフランドルのブラウエルの描いた喫煙や飲酒に興じる農民画を〈低俗な主題〉と酷評し,フェリビアンは同傾向のフランスのル・ナン兄弟による高い人間性の農民画を〈単純で美のない世界〉と非難するなど,17世紀の風俗画の世界は同時代の批評家から全面的に支持されたわけではなかった。ルイ14世がオランダの風俗画をみて,〈これらの恐るべきものを外してしまえ〉と叫んだというエピソードもあながち誇張ではなかった。…

【プッサン】より

…彼は新ストア派的な理念を強く抱き,〈自由思想家〉の立場に近かった。47‐49年ローマに滞在した若きフェリビアンと親交を結び,フェリビアンは後にプッサンの伝記(《談話集》第8巻)を書く。48年前後に,いわゆる〈英雄主義的風景画〉と呼ばれる,広大な自然の中に人物を配した一連の作品群を完成する(《ディオゲネスのいる風景》《フォキオンのいる風景》等)。…

※「フェリビアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェリビアンの関連キーワードフィールドマウリッツ横須賀藩総合年表(アメリカ)金の相場大河ドラマ天地人とうかさん祇園城深谷市議選をめぐる選挙違反事件犬猫の寿命

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android