コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルマの原理 フェルマのげんりFermat's principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルマの原理
フェルマのげんり
Fermat's principle

ある点から出た光が,何回かの反射,屈折を受けて他の点に達するときに通る経路は,通過に要する時間が最小になるような経路をたどるという原理。反射や屈折の法則は,この原理を適用して導くこともできる。光の通過に要する時間は経路の長さに屈折率を掛けた光学距離に比例するので,その光学距離が最小になるような経路をたどるということもできる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フェルマ‐の‐げんり【フェルマの原理】

一点から出て他の一点に達する光の道筋は、可能な光学的経路の長さのうち最小値をとる、あるいは、通過に要する時間が最小になる道筋をとるという原理。1661年にフェルマが定式化。フェルマーの原理。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フェルマのげんり【フェルマの原理】

一点から出て他の点に達する光線は、光学距離(屈折率と光の通過した媒質中の長さの積)が極小となるような経路をとるという原理。または、二点間を光線が進むのに要する時間が最短となる経路をとるという原理。幾何光学で光線を決定するために利用される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

フェルマの原理の関連キーワード変分原理幾何光学極小光線

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android