コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルマの原理 フェルマのげんり Fermat's principle

3件 の用語解説(フェルマの原理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルマの原理
フェルマのげんり
Fermat's principle

ある点から出た光が,何回かの反射,屈折を受けて他の点に達するときに通る経路は,通過に要する時間が最小になるような経路をたどるという原理。反射や屈折の法則は,この原理を適用して導くこともできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェルマ‐の‐げんり【フェルマの原理】

一点から出て他の一点に達する光の道筋は、可能な光学的経路の長さのうち最小値をとる、あるいは、通過に要する時間が最小になる道筋をとるという原理。1661年にフェルマが定式化。フェルマーの原理

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フェルマのげんり【フェルマの原理】

一点から出て他の点に達する光線は、光学距離(屈折率と光の通過した媒質中の長さの積)が極小となるような経路をとるという原理。または、二点間を光線が進むのに要する時間が最短となる経路をとるという原理。幾何光学で光線を決定するために利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルマの原理の関連キーワード火面一点一画一点鐘円周角紅炉上一点の雪同一点平角一点紅一点物放射点

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone