フォッケウルフFw190/ビュルガー

デジタル大辞泉プラスの解説

フォッケウルフFw190/ビュルガー

ドイツ産の戦闘機。初飛行は1939年。第2次世界大戦中のナチス・ドイツ空軍の主力戦闘機。20,000機を超える機体が生産された。Fw190A-8型の最高速度は時速656キロメートル。愛称の「ビュルガー(“ヴュルガー”とも)」はドイツ語で“モズ”の意。D型を特に「ラングナーゼン・ドーラ」と言う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android