コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュルガー ビュルガー Bürger, Gottfried August

5件 の用語解説(ビュルガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュルガー
ビュルガー
Bürger, Gottfried August

[生]1747.12.31. モルマースウェンデ
[没]1794.6.8. ゲッティンゲン
ドイツの詩人。ゲッティンゲン大学で法律を学び,判事となったが,同地の「林苑同盟」 Hainbundの詩人たちと交友。結婚後妻の妹と恋に落ち,その苦悩を歌った詩は有名。 1784年母校の講師。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビュルガー(Gottfried August Bürger)

[1747~1794]ドイツの詩人。近世バラードの代表者。詩「レノーレ」、翻案小説「ほらふき男爵の冒険」など。→ほら男爵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビュルガー【Gottfried August Bürger】

1747‐94
シュトゥルムウント・ドラング期のドイツ詩人。ハルツ地方に牧師の子として生まれ,ゲッティンゲンに没す。L.H.C.ヘルティ,J.H.フォスらと親しく,T.パーシーやJ.G.vonヘルダーの影響を受けたドイツ近代バラードの祖。代表作は《レノーレ》(1773)。通俗性の美学を掲げる民衆詩人として,合理主義や教会の説く道徳では律しきれない感情を表現し,民衆の立場から支配者への抗議の姿勢をも示す。また《ミュンヒハウゼン物語》の編訳(1786)により,ドイツにおける民衆本・滑稽本の伝統を再生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビュルガー【Gottfried August Bürger】

1747~1794) ドイツの詩人。「レノーレ」によってドイツ物語詩の祖とされる。小説「ほら男爵の冒険」は噓物語の古典として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビュルガー
びゅるがー
Gottfried August Brger
(1747―1794)

ドイツの詩人。ハルツ地方にルター派の牧師の子として生まれ、ハレ大学で神学を、ゲッティンゲン大学で法学を修める。同大学の無給講師、下級官吏、レーオンハルト姉妹との不倫な重婚関係など物心両面にわたり不遇な生涯を送る。詩人としてはゲッティンゲン詩派同人として出発。ヘルダーのオシアン論に触れ、伝説、民謡などの大衆文学に開眼し、宗教詩を換骨奪胎するパロディーの手法で民間伝承の物語詩を底本にした譚詩(たんし)『レノーレ』(1774)を発表。近世バラード史上、最高傑作の一つと目される。ほかにラスペの英語本のドイツ語訳『ミュンヒハウゼン物語――ほら男爵の冒険』(1786)の作者としても名高い。[新保弼彬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビュルガーの言及

【都市】より

…都市法の規定では,その前身のいかんを問わず,都市に在住して満1ヵ年を経過すれば自由となれるという,いわゆる市風自由Stadtluft macht freiの原則がうたわれていた。
[市民身分と市民意識]
 中世都市がこのような自治を確立し,〈市民(ビュルガーBürger,シティズンcitizen)〉というまったく新しい社会階層を構成メンバーとする共同体となる経緯は,地域により時代によってまちまちであるが,その最初のきっかけをなしたのは,司教,大司教を都市領主とするライン川沿岸ならびに北イタリアのロンバルディア諸都市における反封建的または反領主的な暴動であり,その運動のイニシアティブをとったのは,アルプス以北にあってはもっぱら遠隔地商人の団体であった。遠隔地商人は前述のようにすでに10世紀の後半から各地に現れて組織的な活動を始め,封建領主の保護下に,ブルクや教会の近傍にある地の利を得たところにウィクWikと呼ばれる特殊な定住区をつくり出していた。…

【児童文学】より

…南フランスの風土の精気を昇華させて独特のファンタジーを生んだボスコH.Boscoの諸作品も見逃すことはできない。
[ドイツ]
 ドイツではJ.B.バゼドーの主唱に呼応してコンペJ.H.Compeが1776年に《小さな子ども文庫》を出したのがはじめで,ややおくれてG.A.ビュルガーが1786年にラスペR.E.Raspeの作に手を入れた《ミュンヒハウゼン男爵の冒険(ミュンヒハウゼン物語)》をあらわし,ゲーテにつづくロマン派の人々が,民話の収集にあたっている。その所産がブレンターノとA.vonアルニムの《少年の魔笛》であり,グリム兄弟の《子どもと家庭のための昔話集》であった。…

【ミュンヒハウゼン物語】より

…素材の多くはむしろ民間伝承的なものだが,断片的逸話類を集成しミュンヒハウゼンの名と初めて結びつけて英語版を発表したのは,亡命ドイツ人ラスペRudolf Erich Raspe(1737‐94)である(初版1785)。ルキアノスの《ほんとうの話》の抜粋翻案等をつけ加えたその第2版を,ドイツ語に翻訳し独自に筆を加えて,機知と諷刺に富んだほら話の古典的傑作としたのはビュルガーである(《Die Wunderbare Reisen zu Wasser und zu Lande,Feldzüge und lustige Abenteuer des Freiherrn von Münchhausen》初版1786)。その後もインマーマンの長編小説や,ハーゼンクレーバーのドラマ,ケストナーの映画台本など,〈ミュンヒハウゼン〉をテーマとした文学的作品は少なくない。…

※「ビュルガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビュルガーの関連キーワードクリンガー疾風怒濤シュレーダー青年ドイツ派レンツシュトゥルムウントドラングシュトルムウントドラングシュトゥルム・ウント・ドゥラングシュトゥルム・ウント・ドラングシュトゥルム=リウビルの問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビュルガーの関連情報