フォルミオン(英語表記)Phormiōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルミオン
Phormiōn

[生]?
[没]前428頃
古代ギリシア,アテネの将軍。ペロポネソス戦争前半に活躍。前 440年サモス包囲を増援した将軍の一人。アカルナニア,ポチダイア,カルキディケですぐれた軍事手腕をみせた。前 429年 20隻でコリント港を封鎖し,47隻のペロポネソス同盟の船を破り,さらにスパルタのクネモスの率いる 77隻の軍船を破り,アカルナニアにおけるアテネの影響力を回復した。帰国 (前 428) 後,公金費消の罪に問われ,おそらくこのときに死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルミオン【Phormiōn】

?‐前428ころ
前5世紀後半,とくにペロポネソス戦争初期に活躍したアテナイの将軍。前430年代初頭より,サモス,アカルナニア,カルキディケの各地で戦功をあげたが,ペロポネソス戦争勃発後はとくにコリントス湾方面で,優勢なペロポネソス同盟軍の艦隊を相手に,将軍として再三にわたり卓抜な手腕を示した。前428年帰国ののち,まもなく世を去った。【伊藤 貞夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android