フォンドゴーム遺跡(読み)フォンドゴームいせき(英語表記)Font-de-Gaume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンドゴーム遺跡
フォンドゴームいせき
Font-de-Gaume

フランス,ドルドーニュ地方のレゼジー近郊にある後期旧石器時代の洞窟遺跡。 1901年アンリ・ブルイユによって発見された。石灰岩の洞窟の壁に,200体近くの野牛,野生馬,マンモス,トナカイなどが赤,褐色,黒の各色で写実的に描かれている。ほとんどの壁画は中期マドレーヌ期に描かれたと考えられる (→マドレーヌ文化 ) 。 1979年世界遺産の文化遺産に登録されたレゼジー地方遺跡群の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android