コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクオウソウ(福王草) フクオウソウPrenanthes acerifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクオウソウ(福王草)
フクオウソウ
Prenanthes acerifolia

キク科の多年草で,四国,九州と本州の暖地に生じる。山地の樹下の多少湿ったところに生える。茎は 1mぐらいで直立し,花序以外は分枝しない。地下に走出枝を出す。葉は翼をもった長い柄があり,径6~10cmの心臓形で,鋸歯と深い切れ込みがある。8~9月に,太く長い花茎を伸ばし,多数の頭状花円錐花序状につけ下垂する。頭花は青白色で,灰緑色の総包があり,外片,内片の各総包片の外面には粗毛がある。茎や葉を切ると白い乳液が出る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone