コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロミツスイ(袋蜜吸) フクロミツスイhoney possum

1件 の用語解説(フクロミツスイ(袋蜜吸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロミツスイ【フクロミツスイ(袋蜜吸) honey possum】

有袋目フクロミツスイ科の哺乳類オーストラリア南西部の森林にすむ。口先から約2.5cm(体長の約1/3)のびる長い舌で,花みつと花粉をなめとって食べる。花みつ食は,哺乳類の食性としてきわめて特異で,一部のコウモリ類を除き他に知られていない。小昆虫類も食べる。体長7~8.5cm,尾長8.8~10cm,体重10~20g。外観は食虫類のトガリネズミに似て,吻(ふん)が長くとがるが,これは長い舌を収めるためのものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone